電話番号 072-297-4618

〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台3-33-16

堺市南区、泉北ニュータウン、大阪狭山市の歯科(歯医者)をお探しなら 医療法人 田中歯科医院・堺泉北インプラントセンター

骨の状態の良くない難症例

こちらをクリック

大阪では指導医10名、認定医約100名取得
上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
スルガ銀行デンタルローン

骨の状態の良くない難症例

現在のインプラント治療は、様々なテクニックが開発され、条件の良くない患者様にも余程のケースを除いて、手術が提供出来るようになりました。

骨幅が狭いケース

リッジエキスパンジョンテクニックや、ボーンスプレッダーテクニックという方法を用いて、骨幅を広げて埋入します。

左下大臼歯2本が欠損しており、骨幅が極端に狭くなっています。

ピエゾ・サージェリーで骨に深さ10mm程の溝を入れます。

ボーンスプレッダーで少しずつ骨幅を広げてインプラントの埋入窩を形成します。

細い骨にも骨造成なしで埋入できます。

PAGE TOP

極端に骨が乏しいケース

G.B.R.(骨造成)というテクニックを用い、自家骨移植や骨補填材を用いて骨を作っていきます。

歯根破折で歯を失った場合、大きな骨欠損を伴う事が多くあります。

ピエゾ・サージェリーとボーンスプレッダーを用い、細い骨を裂開させない様に広げます。

裂開させず、内側の骨壁を外側に広げ埋入できましたが、骨壁が薄く、将来的な吸収が予想されます。

骨補填剤とメンブレンという特殊な膜を用い、骨を造成します。

PAGE TOP

骨移植が必要なケース

かなり大きな骨欠損が存在し、埋入する骨がほとんどありません。

下顎から骨をブロックで採取します。
 


移植骨をスクリューで固定し、骨補填材とメンブレンを併用し、骨を造成します。

PAGE TOP

上顎のケース

上顎洞という空洞が大き過ぎて、骨の厚みが乏しい場合があります。
そんな場合は、ソケットリフト,サイナスリフトテクニックという方法を用い、上顎洞を安全に拳上して骨の厚みを作って埋入します。

【ソケットリフト】
オステオトームという器具で、上顎洞の壁を持ち上げます。

【サイナスリフト】
上顎洞が大きく、埋入する骨がほとんどありません。

サイナスリフトを行い、骨の厚みを作って埋入します。

PAGE TOP