電話番号 072-297-4618

〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台3-33-16

堺市南区、泉北ニュータウン、大阪狭山市の歯科(歯医者)をお探しなら 医療法人 田中歯科医院・堺泉北インプラントセンター

インプラント治療について

こちらをクリック

大阪では指導医10名、認定医約100名取得
上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
スルガ銀行デンタルローン

インプラント治療について

食べたいものを美味しくいただける事は、人間として最高の喜びのひとつであると言えます。
医療法人 田中歯科医院・堺泉北インプラントセンターでは、インプラント治療によってそのお手伝いをし、インプラント治療を安全に、かつ出来るだけ苦痛を感じないで受けて頂ける様、技術的な事は言うまでもなく、術前の準備、滅菌をはじめ、万全の態勢を整えていると自信を持って言う事ができる様、努力しております。

当院院長である私は、ISOI国際口腔インプラント学会の指導医であり、(大阪では認定医は約100名にのぼりますが、指導医はまだ10名しか取得しておりません)、十分な実績をもとに治療を進めてまいります。
私は、手術にはそのための準備が一番大切だと考えております。
全てのケースでCT検査から得られたデータも元に徹底したシュミレーションを行い、手術用のガイドを作製し、それを用いて手術(ガイデッド・サージェリー)を行っております。
フリーハンドでの手術は、神経や血管の損傷リスクがあり、狭い口腔内では危険だと考え、ガイデッド・サージェリーを全てのケースで実践することにより、そのリスクを限りなくゼロに近づける事ができると考えております。
いつも患者様にお話しするのですが、インプラント治療は「物」ではなく「手術」です。従って、人によって合う、合わないという事ではなく、十分な実績、資格を持った歯科医が、十分な準備をして臨んだかどうかで決まると言えます。

しかし、残念ながらすべての患者様に100%上手くいくという事ではありません。
患者様には、リスクや術後の合併症についてもご説明させて頂き、リスクを限りなくゼロにし、成功率を限りなく100%に近づけるべく、万全の準備と細心の注意をはらった手術を行いますので、ご安心頂くと同時に、患者様ご自身のご協力をお願い申し上げ、同意を頂いた上で治療に入らせて頂いております。
 

手術環境は可能な限りを尽くしています。

ISOI国際口腔インプラント学会指導医による手術

ISOI国際口腔インプラント学会の指導医は、大阪では私を含め10名しか(認定医は約100名)取得しておりません。
また、当院は厚生労働省から、九州大学、大阪歯科大学、徳島大学、朝日大学、各歯学部附属病院の臨床研修施設にも指定されています。

 

3D画像によるナビゲーションシステムを導入

当院では、歯科用CTにより撮影された3D画像を用いて、徹底したシミュレーションを行います。
通常のレントゲンでは確認したり把握できない骨の傾斜状態や、隣の歯との関係を高い精度で把握することができます。
また、あごの骨を3D画像で撮影することで、コンピュータによる診断が可能になりました。
従来のインプラント手術は歯科医の手術経験に大きく左右されるものでしたが、より安全な治療計画を立案することができるようになりました。同時に、高精度の手術をも可能にしました。
患者様にもこの3D画像をご覧いただきながら、プランの説明を行っております。これにより十分にご理解いただいた上で手術を受けていただけます。

 

サージカルガイドを使用。リスクを最小限に。

当院でのインプラント手術は、安全性確保のために「サージカルガイド」を使用しております。

「サージカルガイド」とは、インプラントを埋入するためにあごの骨を施術する際、ドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、またドリルがブレないように保持する医療器具です。

サージカルガイドは、患者様の口腔内のCTデータをインプラント専用の高精度解析ソフトで立体画像化し、3次元立体プリンターで作られます。
歯科医師がソフト上で決定した、患者様ごとに作られた最適なインプラント手術計画に基づいて作成したサージカルガイドを用いれば、シュミレーションどおりの手術が可能となります。
それにより、従来では困難とされていた骨の条件が悪い患者様に対して、安全な手術がご提供できるようになりました。
さらに、サージカルガイドの使用により、インプラント治療の最大のリスクであるインプラント埋入用の穴あけ時の不具合が最小限に抑えられます。これにより、患者様には安心して治療をお受けいただくことができると考えております。

 

痛みを感じない負担の少ない手術を

皆様が最も心配されておられる手術時の痛みは十分な麻酔により、皆無と言っても過言ではありません。
術後の痛みも、余程大変な手術を除いて、薬によってコントロールできる程度で心配ありません。
また、安全な笑気ガスと抗不安薬の使用により、手術中でも医師やスタッフとの会話も十分可能ですが、つい眠ってしまわれる方も多く、それはやはり手術に痛みが伴わないからと言えます。また、使用する笑気ガスは低濃度ですので鎮静状態からの回復も早く、人体への影響は全くありません。
そして、ガスは体内で変化せずに速やかに対外へ排出されるため、副作用の心配もありません。

お子様の治療にも良く用いられる安全な笑気ガスです。

バイタルセンサー・AED(除細動器)
術中のお体の状態をモニタリングします。

手術はさらに新たな次元へ! 負担を軽減、粘膜を傷つけないで、最小限の切開で十分

手術内容や個人差により、術後の腫れが出る場合があります。特に骨移植を伴う骨造成が必要な場合、腫れ易くなります。
当院が導入しているピエゾ・サージェリーという器械は、三次元超音波振動により、粘膜は傷つけず、硬組織のみを選択的に切削します。
そのため、粘膜を大きく切開、剥離する必要がなくなり、出血、腫れをかなり抑えることができる様になりました。
傷を小さくできることと、安全で侵襲が少ないこと、そして回復が早いこと等、ピエゾ・サージェリーはインプラント手術における「新次元」の扉を開いたと言えるでしょう。

万全の滅菌対策 安心安全の環境で治療を行います。

当院は、院内感染を予防し、安全な手術を行うために、徹底した滅菌対策を施しております。器具の滅菌、消毒はオートクレーブ(高圧蒸気釜)2台、超音波洗浄器3台、ガズ滅菌、オゾン水等を用い、完全に滅菌処理を行い、滅菌パックに保管しています。さらに、インプラント体、注射針やメス刃などの医療器具は言うまでも無く、紙コップ、エプロンに至るまで可能な限りの用具をディスポーザブル(使い捨て)にしています。この様に当院では万全の院内感染対策を施し、安心、安全な環境で患者様に治療を受けて頂けますよう配慮しております。

世界的に評価の高いアストラテックシステム、ブローネマルクシステム

現在日本では50種類程のインプラントが出回っております。
当院では世界中で一、二の評価を受けているアストラテックシステムとブローネマルクシステムの使用を基本としております。

濃縮血小板による治癒促進

少量採血させていただき、濃縮血小板(C.F.F)を作成します。抜歯やインプラント治療後の治療促進、また骨造成の材料として役立ちます。

インプラントは、今や普通に治療の一選択肢

インプラントなら、健康な歯を削る事はなく、ご自分の歯とほぼ同じ様に噛めます。
ただし、他の治療法に比べ治療費が高額になってしまいます。しかし、何にお金をかけるか、というのは価値観の問題です。
車や装飾品等に費用を費やされるのも、ひとつの価値観だと思います。インプラントは、ご自身のお体の一部となって、長期間毎日機能してくれます。物をしっかり噛める事は、記憶力や思考力の低下を防ぐ事にもなります。
健康維持と同時に生活のクオリティを上げるという意味では非常に価値のある、ご自身への投資だと言えます。

また、あってはならない事ですが、万一トラブルが発生した場合も、長期に渡る保証制度を取り入れております。 当院では、インプラントをご希望される患者様が非常に増えております。 今や普通に治療の一選択肢となってきています。どうぞ安心してご相談頂ければと思います。

PAGE TOP